自分流

なんちゃってエンジニアによる自分用メモ

サーバー

サーバ構築(6) WordPressインストール

投稿日:2018年7月18日 更新日:

前回でPHPが動くまで設定が完了しました。

ようやく土台が完成しました。

満を持してWordPressをインストールしましょう。

長かったサーバ構築も今回で終了です!

 

 

WordPressをサーバに配置

早速インストールしましょう。

インストールはサーバに配置してからブラウザ越しに実行することになります。
まずはサーバに配置しましょう。

 

インストールその前に所有者変更

WinSCPの場合はそのまま作業すすめれるんですが、FileZillaの場合権限の影響でファイルアップロードができません。

なので少々強引ですが、今後作業するhtmlフォルダの所有者をゴリっと変更してしまいましょう。

このコマンドで、/usr/share/nginx/html配下のフォルダの所有者がzibunryu:zibunryuとなります。

zibunryu:zibunryu 左側がユーザ名:を挟んで右側がグループ名

 

ダウンロード

公式からダウンロードしましょう。

公式は今後プラグインダウンロードとかでくることも多いのでブックマークしといた方がいいかもですね。

WorePressをダウンロードから

 

最新版のダウンロード

現時点では、4.9.7でした。

ダウンロードしたら解凍しときましょう。

 

サーバに配置

ダウンロードしたファイル一式をサーバに配置しましょう。

FileZillaでもWinSCPでも基本同じですが、今回はFileZillaで。

FileZillaを起動して、サーバに接続。

左側を解凍したwordpressフォルダに、右側を/usr/share/nginx/htmlにします。

右側赤枠の「リモートサイト」をクリックすると入力できるようになるので、そこに「/usr/share/nginx/html」と入力、エンターすればOKです。

 

それではアップロードしましょう。

左側のファイルを全て選択し、右側の枠にドロップします。

アップロードが始まればOKです。待ちましょう。

 

権限設定

所有権も変えちゃいましょう。

リモート側で、一つ階層を登って(「..」フォルダをダブルクリック)
htmlフォルダを右クリック→「パーミッションの変更」

属性値を「755」にして、
「サブディレクトリ内も再帰的に処理する」にチェック
「すべてのファイルとディレクトリに適用する」が選択されていることを確認して
「OK」ボタン

これでhtmlフォルダ以下に755の権限がつきました。

7:所有者が 書き込み権+読み込み権+実行権
5:グループが 読み込み権+実行権
5:その他が 読み込み権+実行権
こんな感じで所有権を3桁の数値で表すのはLinux界隈ではよくある話です。

 

ちなみにWinSCPだと

htmlフォルダを右クリック→「プロパティ」

全般タブの、パーミッションの「8進数」を「0755」にして、
「同じパーミッション/グループ/所有者を再帰的に設定」にチェックを入れて
「OK」ボタン

R : read(読み込み)
W : write(書き込み)
X : exec(実行)

 

wp-config.phpの設定

wp-config.phpというファイルが必要ですが、含まれてないようですね。

代わりじゃないですが、wp-config-sample.phpというファイルがあるので、wp-config-sample.phpをコピーファイル名をwp-config.phpに変更しましょう。

解凍したwordpressフォルダの中のwp-config-sample.phpをコピーして、名前をwp-config.phpに変更。

 

内容の変更も必要です。

サーバ構築(5) 各種設定で設定した、データベース情報を入力しましょう。

29行あたり

ファイル編集ができたら、右側のリモートにドラッグ&ドロップでアップロードしましょう。

 

インストール

ブラウザからアクセスしましょう。

正しく配置できていると、WordPressの設定開始画面になります。

 

「さぁ、始めましょう!」を押して進むと、WordPressのログイン設定画面になります。

各項目を入力して「WordPressをインストール」を押します。

 

サイトのタイトル
色んな場所に表示されるサイトのタイトル。日本語可で後で変更できます。

ユーザー名
ログインユーザ名。ログインする度に使います。

パスワード
ログインパスワード。ログインする度に使います。

メールアドレス
設定によりWordPressからメールが飛びます。その受け取りアドレスです。

 

成功しました!という画面が出たらインストール完了です。

「ログイン」を押してログインしてみましょう。

ユーザー名とパスワードを入力してログイン!

 

ダッシュボードが表示されれば完了です。

 

ちなみに、サーバのIPを叩くとブログのトップページが表示されます。

デフォルトの雰囲気結構好き

 

今後はブラウザから

http://118.27.4.90:ブログ

http://118.27.4.90/wp-login.php:管理ページへのログイン

となりますので、使い分けましょう。

 


 

WordPressのインストールまで完了しました。

いかがでしたでしょうか。

割とサーバ知識なくてもブログ構築までいけるもんですね。

この後はドメインの取得とか
(kazy.workとか、xxx.jpとか、IPに名前を付ける感じ)

Googleアナリティクスの設定とか

色々やることはありますが、何よりブログの記事作成ですね。

 

引き続きサーバ構築に関わる自分がしたことを書いていくつもりなので、よろしくお願いします。

-サーバー
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サーバ構築(5) 各種設定

前回までで必要なソフトのインストールが完了しました。 今回はインストールした各種ソフトの設定をしていきます。   目次1 ファイアウォール設定2 MariaDBのユーザ作成3 Nginxの設 …

サーバ構築(4) インストール

前回までで接続とアップロードができるようになりました。 今回からWordPressブログの構築準備です。 WordPressを動かすのに必要な各種ミドルウェアをインストールしていきます。 第一回で検討 …

サーバー構築(2) ユーザ追加

前回箱を用意しました。 (ConoHaでCentOS7のサーバーをたてました) OSインストール時点でスーパーユーザ「root」がいますが、そのまま使うのは何かと危険なので、今回はユーザを作成していき …

サーバー構築(1) 箱の用意

そうだブログを作ろう! 人生5度目ぐらいのブログ作成を思い立ちました。 用意されているブログツールを使うのではなく、せっかくだから勉強もかねて構築してみよう。 インフラ初心者なので、手探りで作っていき …

WinSCPでファイルをアップロード(Windows)

サーバにファイルをアップロードしたくなるケースは絶対あります。FTPが一般的ですが、SSHを利用してのアップロードもできるようです。 ちょっと設定が必要ですが、便利ですのでしちゃいましょう。 &nbs …

Top