自分流

なんちゃってエンジニアによる自分用メモ

サーバー

サーバ構築(4) インストール

投稿日:2018年7月14日 更新日:

前回までで接続とアップロードができるようになりました。

今回からWordPressブログの構築準備です。

WordPressを動かすのに必要な各種ミドルウェアをインストールしていきます。

第一回で検討した通り、以下の構成でいきます。

  • サーバー:conoha 1GB/2コア/SSD 50GB
  • OS:CentOS
  • Web:nginx
  • DB:MariaDB
  • ブログ:WordPress

 

作業開始!の前に

サーバでの接続になるのでSSHで接続します。
このブログではChromeの拡張機能「Chrome Secure Shell」で作業していきます。

ではいきましょう!

の前に、サーバのバックアップをとっておきましょう。
大きな変更前にはバックアップをとっておいた方が無難です。

公式のバックアップ方法と復元方法がわかりやすい。

イメージ保存機能を使う

手動バックアップの場合サーバを停止しないと取れないので、自動バックアップの方が良いかも。

自動バックアップは月額300円だけど、トラブった時を考えるとしといた方がよさげ。

 

インストールどうやってするの?

linuxでインストールってどうやってすると思います?難しそうですか?

一昔前はソースをダウンロードして、実際にインストールするマシンでビルドして配置してたみたいですが、今はちょちょっとインストールのコマンドを打つだけでインストールできてしまいます。

もしかしたら、Windowsとかより楽かもですね。

※今も細かな設定する時はビルドしてからインストールするみたいですね

 

というわけで、インストールはyumで実行していきます。

ググると「yumは「Yellowdog Updater Modified」の略で、パッケージ管理システムだ。」だそうです。

よくわかりませんね。なんだかうまいことやってくれるシステムだそうです。便利なものは使いましょう。

ちなみに読み方は「ヤム」が多数派みたいですね。

昨日までドヤ顔で「ユム」って言ってた。。。はずかしい。

 

この辺また勉強しときます・・・

 

yumアップデート

まずはyumをアップデートしましょう。

上のコマンドはこんな意味です
スーパーユーザで yumを アップデートします yes/noを聞かれる時、全部yesと答えます。

別に難しくないですよね。

 

コマンドを実行すると、色んなソフトのアップデートが行われます。インストール状況表示のログがずらっと出て、なんだかすごいことしてる気分味わえますよね。

しばらく待つと「Complete!」と出て、コマンド待機状態に戻ります。

インストールの流れはこんな感じですね。

 

Nginx, PHP, MariaDB インストール

いよいよWebサーバを構成するコアな部分のミドルウェアのインストールです。

詳しく書くとすごく長くなるし、詳しく書けるほどの知識ないですが、

Nginx

Webサーバ。apacheやtomcatなどと同じで、PHPを動かす上で必要。

 

PHP

プログラム言語。Webでプログラムといえばこれっていうほど人気のプログラム言語。WordPressはこれでできているので必要

 

MariaDB

データベース。中身はほぼMySQL。データベースもWordPressを動かすうえで必要。MySQLが無難だが、MySQLが有料になるかも?という噂もあるので、フリーなMariaDBを選択

 

こんな感じです。
じゃ、入れましょう。

一気にいっぱいインストールしてるので、めちゃくちゃ長くなりました。

 

サービス設定

インストールしただけじゃ各種ソフトは動かないので、動く設定をしていきます。

また、NginxやMariaDBは常駐プログラムのように常に動いてもらわないと困ります。そういうソフトをサービスと言います。

サービスの起動

 

起動しかたの確認

 

確認のコマンド statusを打つと、文字がずらーっと出ますが、緑のactive (running)と出てればOKです。

 

また、サービスは一回起動したらOKというものでもなく、OS起動時に自動的に動き始めて欲しいものです。

というわけでOS起動時に実行する設定

 

サーバを再起動させて、実際にnginx, php-fpm, mariadbが起動するかを確認しておきます。

 

しばらくしたら再接続して

 

緑のactive (running)と出てればOKです。

 

案外簡単にインストールと起動ができました。

日々OSSを使いやすくしてくれてる有志の人たちのおかげですね。

いつか自分もOSSに参加したいなぁ・・・

 

というわけで今回はここまでです。お疲れ様でした。

-サーバー
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WinSCPでファイルをアップロード(Windows)

サーバにファイルをアップロードしたくなるケースは絶対あります。FTPが一般的ですが、SSHを利用してのアップロードもできるようです。 ちょっと設定が必要ですが、便利ですのでしちゃいましょう。 &nbs …

WinSCPでSSHキーを作成する方法(Windows)

SSHキーを作成します。 Windowsの場合は何かしらツールをインストールして作成します。 この後WinSCPを使う予定なので、WinSCPで作ってしまいましょう。   WinSCPのイン …

サーバー構築(2) ユーザ追加

前回箱を用意しました。 (ConoHaでCentOS7のサーバーをたてました) OSインストール時点でスーパーユーザ「root」がいますが、そのまま使うのは何かと危険なので、今回はユーザを作成していき …

MacのターミナルでSSHキーを作成する方法(Mac)

SSHキーを作成します。 Macの場合はターミナルからコマンドで作成します。   私のMac OS X El Captian バージョン10.11.6 自分の環境はちょっと古いですが、そう変 …

サーバ構築(5) 各種設定

前回までで必要なソフトのインストールが完了しました。 今回はインストールした各種ソフトの設定をしていきます。   目次1 ファイアウォール設定2 MariaDBのユーザ作成3 Nginxの設 …

Top