自分流

なんちゃってエンジニアによる自分用メモ

サーバー

FileZillaでファイルアップロード(Mac)

投稿日:2018年7月13日 更新日:

サーバにファイルをアップロードしたくなるケースは絶対あります。FTPが一般的ですが、SSHを利用してのアップロードもできるようです。

ちょっと設定が必要ですが、便利ですのでしちゃいましょう。

ちなみに、Macの記事を書くときはMacで作業しています。

メインOSがWindowsなのでちょっと不便ですが、Macは操作してて気持ち良いですね。

 

Macの場合 ー FileZillaでの接続

Macの場合は、FileZillaが一般的っぽいですね。

FileZillaで環境を整えていきますが、WinSCPと違ってSCP接続でsudoできないようですね。海外フォーラムでも困ってる人が多いみたいです。

自分自身、具体的な解決策を見つけてなくて、接続ユーザのホームにアップロードして、SSH接続でファイル移動・権限変更している有様です。

というわけで、Macを使う場合はサーバでのフォルダの権限をしっかり設定しましょう。というのが現時点での私の結論です・・・orz

 

FileZillaをインストール

気を取り直して。FileZillaをインストールしましょう。

インストールといってもMacの場合はアプリケーションフォルダに置くだけだったりしますよね。

「filezillla mac」でググるといい感じに教えてくれるサイトあるのでがんばってください。(これをするとブログ書く意味なくなりそうですが・・・w)

 

FileZillaの接続設定

FileZillaを起動して、サイトマネージャを表示します。

左上のアイコンクリック!か、「ファイル」→「サイトマネージャー」

 

サイトマネージャが表示できたら、「新規しいサイト」を押して設定していきましょう。

 

今回はこんな感じに設定しました

  • サイト名:my-wordpress-servre
  • プロトコル:SFTP – SSH File Transfer Protocol
  • ホスト:118.27.4.90
  • ログオンタイプ:鍵ファイル
  • ユーザー:zibunryu
  • 鍵ファイル:以前作ったSSH秘密鍵

 

サイト名:my-wordpress-servre

いつでも変更可能なのでわかりやすいもので

プロトコル:SFTP – SSH File Transfer Protocol

SSHで接続したいので

ホスト:118.27.4.90

ホスト名はConoHaのサーバーで見れるIPです

ConoHaログイン⇒サーバー⇒接続したいサーバー

ログオンタイプ:鍵ファイル

鍵ファイルでの接続はパスワード入力等不要で楽だしね

ユーザー:zibunryu

サーバに作ったユーザ名です

鍵ファイル:以前作ったSSH秘密鍵

id_rsaのファイルを指定しましょう

 

 

いざ接続

「接続」ボタンを押して接続しましょう。

こんな画面が出てきたら「OK」をおしましょう。

 

接続できてファイル一覧が表示できれば成功です。

 

問題点

冒頭で触れたけど、サーバの設定でコンソールから接続した時、何度かsudoというスーパーユーザ化コマンドを実行しました。

一般ユーザができない作業をするためにsudoしたんでしたね

フォルダも同様に権限があって、一般ユーザが書き込めないフォルダが多々あります。

そこにファイルをアップロードしたくなるケースも多々あります。

自分がぶつかった壁が、WordPressのプラグイン配置でした。

WordPressのプラグインフォルダが、別ユーザの配下のフォルダだったため、一般ユーザであるzibunryuはそこに書き込み(アップロード)できなかったわけです。

 

じゃあどうするか

  • ユーザのホームにおいてからSSH・CUIでの操作とかで、権限外のパスに配置する
  • 配置したいフォルダに、接続ユーザであるzibunryuの書き込み権限をつける

どちからですね。

Windowsの場合、WinSCPというツールでsudoができるため、権限を考えずの運用ができるが、Macの場合はそういうわけにはいかなそうです。

権限がきちんと働く方が健全な運用なんですが、一人で運用するちょっとしたサーバの場合は面倒ですね・・・

 

釈然としませんが、Macの場合はフォルダの権限・所有権をしっかりつけましょう。

 

今回はここまでです。

お疲れ様でした。

 


Windowsではスクリーンショットに枠つけるとかは、付属のmspaintでやってます。Macにもそういうのないかなーと調べたらありました。

画像ダブルクリックで起動する、「プレビュー」というツールがそれですね。「表示」メニューの「マークアップツールバーを表示」を選択すると、描くようのツールバーが表示できます。

これでMacでもある程度ブログ書けそう。

-サーバー
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WinSCPでSSHキーを作成する方法(Windows)

SSHキーを作成します。 Windowsの場合は何かしらツールをインストールして作成します。 この後WinSCPを使う予定なので、WinSCPで作ってしまいましょう。   WinSCPのイン …

サーバー構築(2) ユーザ追加

前回箱を用意しました。 (ConoHaでCentOS7のサーバーをたてました) OSインストール時点でスーパーユーザ「root」がいますが、そのまま使うのは何かと危険なので、今回はユーザを作成していき …

WinSCPでファイルをアップロード(Windows)

サーバにファイルをアップロードしたくなるケースは絶対あります。FTPが一般的ですが、SSHを利用してのアップロードもできるようです。 ちょっと設定が必要ですが、便利ですのでしちゃいましょう。 &nbs …

サーバ構築(3) SSHで接続する

前回はユーザの作成をしました。 IDとパスワードを使用すれば外部から接続できますが、IDとパスワードが漏れるとアウトです。 堅牢なSSHキー接続のみ許可するような設定を行っていきます。   …

サーバー構築(1) 箱の用意

そうだブログを作ろう! 人生5度目ぐらいのブログ作成を思い立ちました。 用意されているブログツールを使うのではなく、せっかくだから勉強もかねて構築してみよう。 インフラ初心者なので、手探りで作っていき …

Top